生誕70年 エドワード・ヤン監督2作品

『牯嶺街少年殺人事件』を生み出した”台湾ニューウェーブ”の旗手


恐怖分子 デジタル・リマスター版

terrorizers_32.jpg

ユジクの朝活シネマ
エドワード・ヤンの名前を一躍知らしめた、幻の傑作

銃声が響き渡る朝。警察の手入れから逃げ出した混血の少女シューアン。その姿を偶然カメラでとらえたシャオチェン。上司の突然の死に出世のチャンスを見出す医師のリーチョンと、執筆に行き詰まる小説家の妻イーフェン。何の接点もなかった彼らだが、シューアンがかけた一本のいたずら電話が奇妙な連鎖反応をもたらし、やがて悪夢のような悲劇が起こる・・・。無軌道に犯罪へと向かう十代の少女の心理を繊細にとらえた視線は、十四歳の少年による実際の女子学生殺人事件をもとにした次作『牯嶺街少年殺人事件』とつながっていく。
1986年/109分/香港・台湾/DCP/カラー
©CENTRAL PICTURES CORPORATION

上映日時
4/29(土)〜5/5(金) 11:00-
5/8(月)〜5/12(金) 11:00-

Ticket
一般1,300円 シニア・学生1,100円 会員1,000円

公式ページ:http://kyofubunshi.com/

光陰的故事
(2日間限定上映)

KOIN_Still_2-2

ユジクの朝活シネマ
ビートルズの楽曲が彩る、エドワード・ヤンのデビュー短編作

台湾の若手監督たちが、60〜80年代を背景に子ども時代から青年期までの4つの物語を監督したオムニバス映画。「中学生」編となるエドワード・ヤンの「指望」は、60年代を舞台に、母と姉と暮らす女子中学生の淡い初恋と大人へのめざめを描く。
第1話「小龍頭」タオ・ドゥツェン監督
第2話「指望」エドワード・ヤン監督
第3話「跳蛙」クー・イチェン監督
第4話「報上名来」チャン・イー監督
1982年/106分/台湾/BD/カラー

上映日時
5/6(土)・5/7(日) 11:00-

料金
一般1,300円 シニア・学生1,100円 会員1,000円